糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエット中に痩せやすくする為に「BMAL1」を活用して食事の時間帯に注意しよう

夜遅くに食事を取ることは、ダイエットを妨げることに繋がってしまいます。
逆に、食べても太りにくい時間帯というのもあるので、食事の時間帯も考えて糖質制限ダイエットをしていくことをオススメします。

今回は、糖質制限ダイエット時の食事の時間帯を、「BMAL1」という時計遺伝子の観点から解説します。

【目次】
1. BMAL1(ビーマルワン)とは
2. 糖質制限ダイエットでもBMAL1は活用できる
3. まとめ

BMAL1(ビーマルワン)とは

「夜遅くに食事をすると太りやすい」と、よく聞きますが、これは一体なぜなのでしょうか。

これには、「BMAL1(ビーマルワン)」というものが関係しています。

BMAL1とは、体内時計を調整する為に働く時計遺伝子のことを言います。
BMAL1は、タンパク質の一種であり、人間の生活リズムを維持する為に働くようになっています。

このBMAL1が増加すると、太りやすくなってしまします。

なぜなら、脂肪を分解してエネルギーにする働きを抑制するからです。
これによって、脂肪合成を促進させてしまいます。

また、血中のブドウ糖濃度を増加させる働きもあります。
ブドウ糖濃度が上昇するということは、血糖値が上昇するということになるので、糖尿病のリスクが高まります。

BMAL1が増加している時間帯に食事を取ると、以下のようなデメリットが発生します。

【BMAL1増加によるデメリット】
・脂肪蓄積を促進し、太りやすくなる。
・血糖値が上昇して糖尿病のリスクが高まる。

逆に、BMAL1が減少している時間帯での食事は、脂肪蓄積されにくくなるので太りにくくなります。

【BMAL1減少によるメリット】
・脂肪燃焼を促進し、痩せやすくなる。
・血糖値が上昇しにくいので、生活習慣病のリスクが軽減される。

BMAL1が増加する時間帯は、陽が出ていない暗い時間帯です。
最も多くなっている時間帯が、22時〜2時の時間で、最も少なくなっている時間帯が、14時〜15時あたりです。

したがって、太りやすくなる糖質をどうしても摂取する場合は、14時〜15時頃に取り入れるのがベストでしょう。

夜は、21時までに食事を終わらせて、糖質と共に、脂質も抑えられるとダイエットもスムーズにできることでしょう。

糖質制限ダイエットでもBMAL1は活用できる

糖質制限ダイエットでのダイエット中でも、BMAL1を活用してスムーズに減量することができます。

糖質制限ダイエット中の食事のボリュームは、お昼が多めで夜を少なめにします。

昼>朝>夜

夕食は、食事量も抑制して満腹感が得られる程度まで食べないように、腹八分目までに抑えられるとより良いです。

糖質制限食をすれば、カロリー不足になりやすいですし、夕食は、糖質制限と低脂質な食事も心掛けていく為、カロリー摂取がほとんどできません。
1日の総カロリー摂取量が不足しない為には、朝食と昼食でちゃんとカロリーを多めに摂取していくことが大切です。

BMAL1は、増量を目的とする方にとっても注意しないといけない遺伝子です。
増量時は、食事量を増やしていくが、夜のBMAL1が増加している時間帯にたくさん食事をとってしまえば、脂肪として蓄積される割合が多くなってしまいます。

筋肉量よりも脂肪が増加してしまえば、増量が成功したとは言えません。ただ太っただけになってしまいます。

それを避ける為に、BMAL1増加の時間帯である夜に、大量の食事を取らないよう気を付けたいです。

まとめ

まとめると、下記の通り。

・BMAL1は、体内時計遺伝子であり、タンパク質の一種である。

・BMAL1が増加すると、脂肪合成やブドウ糖の増加を促進させてしまう。

・BMAL1は、昼間に減少し、陽がない頃に増加する。

・BMAL1を考慮して、夕食は低糖質低脂質な食事を心掛ける。

・ボリュームある食事は、朝食と昼食に済ませる。

トレーニングは、健康維持や体型の変化、体力向上、生活習慣病のリスク軽減、姿勢改善などの効果があるが、食事も両立して行えられれば、糖質制限ダイエットで健康的に痩せられて、代謝の高い体にまで体質改善も出来るでしょう。

BMAL1という体内時計遺伝子があるということは、糖質制限ダイエット時に覚えておいた方が良いでしょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!
それではまた、お疲れ様です(^o^)